お庭で日向ぼっこ





餃子作り :: 2017/05/08(Mon)

GWの後半のこと、パパが言った

餃子を作ろう!

わーい!作ろう~~と、喜ぶ子供と、

わーい食べたい!と喜ぶ私


材料を買ってきて、レシピをネットで調べて、分量を書き出すg1
g2 工夫して頑張る g3
g4

きれいに作れるようになってきた


皮を使い切ると、自分で作ったのは、13個だぁ!と嬉しそう

そして、焼いたものは、最高においしそう(すべてパパ作)

g5

油を控えて焼いたみたいで、何個でも食べられた。。

楽しい経験になったね

パパに感謝

スポンサーサイト
  1. 料理
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0

反抗期 :: 2017/05/07(Sun)

昨年の3月から、おとなしい子どもも、それなりに自己主張は強くなってきたけれど、

今年に入ってから、6歳になってからのほうのわがままは、なかなか手ごわい

こちらも真剣に叱る&怒ることが沢山ある


本当に手におえなくて疲れる・・・世のお母さんが言ってたことがよくわかるようになってきた




口答え&、素直じゃない & 睨んででもわがままを通そうとする

対応するのが疲れる。


今日、食べ物を粗末にして遊んでいたので、さすがにかなりきつく注意した

個包装のお菓子をことごとく開けて、箱に入れてパンパンにして遊び、

柿の種の個包装のを、11袋分も(勝手に大袋2袋を開けて、個包装のもすべて出していた)開けて、クッキーの箱に入れて遊んでいて、

それ以外にもチョコビやジャガビーなどの4種類のお菓子をことごとく開封していた。

タッパーに入れてたものもあるけど、面白がってクッキーの空き箱に入れていたり・・・


 それを見つけた主人も、さすがに、こういうのはしてはいけないんだよ と伝えると、

めったに叱らない主人だから、(全然きつくないけど)

子供は泣いていた。



でも、後からよくよく調べたら、人様にあげる予定で玄関にあった袋からも、保存用の段ボールからも、いろいろと3か所に置いてあったお菓子を勝手に持ってきて開け

食べる気もないのに、同じ種類のものを2箱開けてしまってたり、

新しいクッキーの箱のも、全て12個くらいを出してしまっていたり

食べられる量ではないのに、完全におもちゃのようにお菓子をあけまくっていたこと

開けた袋もそこら中に散らかしていたことを見て…きつくしかった



その時、私は外で、野菜の苗を植えていたので、庭にいたときに、窓からたまに中を覗いたときに、しでかしたのだ。

子供はその時、友達といたけど、食べれる量を出してたのではなく、面白がっていたのだ

窓から、私に向かって、怒られることをしてる~と笑ってて、カーテンを閉めて悪さしていて、

私が見つけたときにも、悪びれる様子もなかったこと(ちょっと顔が怒られるかもとは思っててもふざけていた)

土いじりしてた私も、さすがに家に入ってすべて確認したけど・・・

でも、友達のいるところでは、

もう小学校に入ったのだから、してはいけないことは考えてしなさい!と、だけは、冷静にいったけど、

きつくしからなかった。


でも、後で一人になったときに、あまりにたくさんのお菓子を開けてることに激怒したわたし



子供は 泣いて、ごめんなさい・・もうしない・・といってたので、

そもそも、お菓子を開けるときに、これは食べてもいいかを、お母さんに確認するはずなのにと

それ自体が間違ってるし、食べ物粗末にするのは間違ってるんだよ‼と叱った


わかった? 

わかった…と泣きながらうなずいたので、これから絶対にしないんだよ ときつく言って終えた・・・・



その時、向かいに座っていた主人が、子供に近寄って、よしよしと、泣いてる頭を抱きしめようとしてる


はあ?と私は怒った・・・

なんなの? 泣いてるから可哀想???

そこは、同じ立場で、子供に対して、もうしない約束だよ!でいいんでないの?

怒る役割を私に押し付けて、抱きしめて甘えさせるのがあなたって・・・ひどいわよ


私がその役割をしたいくらいだよ

ずるいわ

怒るのって、好きで怒ってるわけじゃなくて、きちんと子供がしたことがいかに悪いことかを教えるのが親の役目でしょ!



私がそういったら、

主人は、、別にいいんだ。これは甘やかしじゃない・・これはいいことなんだ・・って・・・旦那も逆切れして私に怒りの言葉を向けている。。

この場では、子供のしてはいけないことを伝えることに集中したいから、夫婦喧嘩をしないで!と、そこは止めた。




これじゃ、ちゃぶ台ひっくり返したお父ちゃんと、それにおびえる子供に寄り添うお母さんの

昭和な夫婦の役割の逆バージョンじゃん



ああ、血圧が上がるわ・・・・・薬飲んでいても、たまに血圧が高い理由がわかる

役割分担???今日は、ちょっと違う気がした

食べ物を面白がって、これだけの量を出してしまうって・・・6歳のすることではないでしょう


ああ・・・子供のことで夫婦の意見が分かれるって。。こういうことなんだろうな。


男の子って、悪さしたときに、バカみたいな悪さするとは思ってたけど、、

最近、それが多すぎて、叱る回数が多くなっている

なんなんだろう・・・

ひどく疲れた


こんな時には、あとはちゃんと向き合って、褒められるところは褒める

その後に、頑張って仕上げたものがあって、根気強く頑張っていたので、抱っこしてみたりして褒めた

ずっと怒ってるわけではない


でも、夜のホッとする時間  つかれてしまう心


 パソコン開けると、赤ちゃんの頃の写真をすぐに出せるところにある

笑顔でとてもかわいい写真を大きくしては、可愛い~~と、一人で癒される・・

この時代を経て、今があるんだよね

でも寝顔は可愛い・・いつまでたってもね


  1. 子供
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0

ゴロン :: 2017/05/06(Sat)


この前も載せた画像だけど、片づけた物置部屋4

つい4日前のことだけど・・・上の画像は久しぶりに片付いた状態

掃除機かけて水拭きして、ピカピカに・・・


1 父子の二人でくつろぐ夕方・・・

片づけた日の夕方には、2枚の布団を敷いた


夜には子供が結構熱を出したので、主人と別の部屋で寝る為に、私と子供がこの部屋で眠ることにした

別室で寝ることが出来ただけでも、片づけて良かった・・・(今冬、私がインフルにかかった時、私はあの物置部屋の中で布団敷いて眠ったのだ)



ゴールデンウィーク中も、暇があると2階に来て 子供と主人がゴロゴロしては、レンタルDVDをみてた

何で、この部屋なの?と聞くと、このテレビにDVD再生機能がついてるから・・という

寝室は、HDD内蔵テレビだけど、DVDは再生できないのだ

つまり、物置部屋の間は、このテレビは使われておりません・・・という、もったいないテレビだったのだね


 そうか・・・ゴールデンウィークの合間・・・くつろげる部屋が増えたのは良かった


休み前のこと

ずっと、どこかのホテルに泊まれたらいいな~って言ってたけど、その欲求があまりなかったのも、この部屋のおかげかもしれない

大げさだけど…空間って大事だね・・

それぞれが、一人になってゆっくりできる空間を確保するのも、子供が成長するとともに必要かもしれないな

やはり・・・たった4日間で実感したけど、
片付けすると、いいことあるってホントだね。。


  1. 片付け
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0

お礼の記憶 :: 2017/05/05(Fri)

卒園と入学式の時期に、周りの方からお祝いを頂いた

とてもうれしい、心のこもったシチュエーションとお祝いの気持ちに、その都度、、心があたたかくなった

日々の忙しさで、なかなかお礼に伺えてないことが気になりながら過ごしていた私


今日は、子供の日

大好きな和菓子屋さんに、お赤飯を予約して、柏餅

お礼がしたく、子供を連れてご挨拶にお届け訪問させていただいた

これは、子供も連れて行こうと決めていた。

玄関先でご挨拶だけ・・なのだけど、子供自身に、きちんとお礼を伝えるということを覚えてほしかった

私が子供の頃に、母が、知り合いや友達、親戚のお家へ連れて行ってくれたことって

なんでかな・・・今でも構覚えているのだ



今日も、子供がよちよち歩きの頃以来に久しぶりお会いしたご主人に対して、

緊張してた子供は、顔を手で覆いながらも、最後には挨拶して手渡せた

大きくなったね~と言われて、照れてるのだね・・・


その後に

時々子供も会っている友達のお宅の玄関先では、結構好き勝手に動いていたけれど、

一応、お礼を伝えながら自分で手渡すことが出来た。

初めて会うご主人も玄関先で作業してて、その周りをうろうろしてみたり、、なんだかうれしそう

 


お土産まで頂いて・・・その場で食べはじめて・・・

帰りには、一仕事終えて満足したように、、元気いっぱいだった

 子供には、自分の為にしていただいた事(お祝い)に感謝できるようになってほしい

そして、みんなに支えられて生きてることを、経験してほしいのだ


シャイな息子は、あいさつもうまくは出来ないけれど、いつか こんな時を思い出して

自分の子供が出来たときに、母親の(私)の背中を思い出してもらえれば。。。そう思っている


人に恵まれてることに感謝

これは、自分が祖父母や両親から学んだこと

人様の心に、そして優しい気持ちに、感謝することができること

そうして、自分もできることをする


ありがとうの笑顔を、この子もきっと受け継いでくれますように・・・

  そんな願いを込めた 子供の日 になりました

  1. 子供
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0

お出かけ日和 :: 2017/05/04(Thu)

一昨日、熱が出た子供の為に、昨日は一日ゆっくりと過ごした

薬もきちんと飲んでるからか、一昨日以降は熱も出ずにとても元気になった

そこで、今日はお出かけすることにした

はじめていく公園

大きな公園だった

自然がいっぱいで、着いたのがお昼頃だったので、

敷物を敷いて、お昼はそこで食べてきた

お弁当は、材料もなく、何も作れなかったから 買ったもの・・それが残念




たまたまイベントでやっていたのが、

セグウェイにのって、インストラクターの人もいる中で(敷地内に設置された小さなコースを)体験できるというもの

10分でいくらという設定だった


小学生で、25キロ以上という条件をクリアしてる、ちょっとぽっちゃりの息子

最初は、その場に近寄らずに、遠くで 僕は絶対にやらないやらない!の一点張り

パパは、すぐに諦めてしまうけれど、ママはなんとか体験してほしくて、まずはママが並び、子供を説得してくれるパパに期待

すぐに逃げそうな子供の横にママも一緒に並び、

乗っているお兄ちゃんたちをみながら、、

このセグウェイは初心者用から用意されてること・・そして教えてくれるインストラクターがいること、乗り方を教えてくれること、無理ならやめていいことを告げて

順番ぎりぎりまで一緒に並ぶ

もうすぐできるという寸前で、座り込み・・やっぱり嫌だな~とつぶやき、中のコースを走りたくないとぐずぐず

でも、ほらっ行ってごらん・・と軽く背中を押して、その場を離れた

 子供は乗り方を教えてもらうと、すぐコースで乗り出した

途中で、一度降りてしまったりしたけど、終わるころには爽快な感じで、スピードも出てきたりした


終わったときには、ニコニコ顔で走って駆け寄ってきた

楽しかった?と尋ねたら、

うん!また乗りたい~という


帰りにまた2度目の体験をするべく並ぶ

もう心配ないレベルになっていたが(一度タイミング悪く、渋滞した時に 後ろに少し下がってきた前の子に、自分もコントロールが出来ずに止まれず、ゴツンとセグウェイ同士でぶつかってしまった・・)

だけど、後半は 余裕で、片手で手を振ってくれる姿は、なかなか様になっていた

いつも、運動が苦手と思い込んでる息子にとって良い体験になったかもしれない

なにやら、ちょっと楽しい経験になった様子で、ずっと眠るまでテンションが高かった

嬉しかったのかな・・

初めての公園だったけど、遊具も楽しかったし、行ってよかった・・・と思った


帰りにショッピングモールで夕飯を食べてきた

 そこで、ステーキの鉄皿が2つきたときにパパとママの前に置いたら、自分専用の鉄皿がない と泣いたけど、

まあ・・・運動して、お腹空いたんだろうな・・・


  1. 子供
  2. | trackback:0
  3. | 本文:0
次のページ